小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2057
件中
1
-
10
件目
改訂版 大倉喜八郎 かく語りき
進一層、責任と信用の大切さを
  • 著者:東京経済大学史料委員会編/東京経済大学発行
  • 定価:本体1000円+税
  • 刊行:2018年11月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:明治、大正の大実業家、大倉喜八郎が、波乱万丈に富んだ経験を踏まえ、壮年時代から死去の直前までに、学生、青年、国民に語った言葉。現代にも通じる含蓄深い内容。
個人所得課税の公平性と効率性
マイクロシミュレーションによる実証分析
  • 著者:金田陸幸
  • 定価:本体5500円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:家計に広く影響を及ぼす個人所得課税制はいかに公平性と効率性を担保すべきか。 世帯属性を考慮に入れたマイクロシミュレーション分析を用い、過去の税制改革の評価とともに 個人所得課税改革の今後を示す。
日本の百貨店史
地方、女子店員、高齢化
  • 著者:谷内正往、加藤諭
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:戦前日本で唯一の大型小売店だった百貨店は、社会においてどんな存在であったのか。「地方」「企業破綻」「女子店員」「高齢者」という現代にも通じる視点から、新たな百貨店史を描き出す。
多元的都市化と中国の発展
  • 著者:李強編著/蒋芳婧訳、橋谷弘解説
  • 定価:本体6000円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:改革開放から40年、習近平政権が急速に推し進める都市化モデルの7類型を詳細に分析する。「人の都市化」にも目を向け、農村出身者の社会統合問題の解決策も提起。
知識労働と余暇活動
  • 著者:山田良治
  • 定価:本体2600円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:知識労働・サービス労働化の光と影、一方で、ボランティア活動や観光に見られる余暇活動の多様化。本書は、現代に生きることの意味を、労働・余暇関係論の視点から描く。
行政記録と統計制度の理論
インド統計改革の最前線から
  • 著者:岡部純一
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:統計の生産と利用の一般理論がいまパラダイム転換に匹敵する状況変化にある。統計制度における行政記録の役割の本質は何か?インド統計改革の欧米との比較検証により解明。
日本経済の構造と変遷
  • 著者:武田晴人・石井晋・池元有一編著
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:近現代の世界で、資本主義経済システムは段階的に発展し、日本でも独特で強力に展開した。その歴史の分析方法を再検討し、産業構造や市場との関連、企業や組織の役割に注目し、構造的に分析する。
地方版エリアマネジメント
  • 著者:上野美咲
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:地方における人口減少、高齢化の現実に地域が生き生きする新しいシステム、方向性をデータとともに提示する。
オルテス国民経済学
  • 著者:ジャンマリア・オルテス著/藤井盛夫訳
  • 定価:本体7500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:オルテスは『国民経済学』で持続可能なオープンマクロ経済モデルを推計し、人口減少下における経済の持続可能性を論じた。同様の状況下の今こそ注目されるべき古典である。
経済地理学年報 Vol64 №2
  • 著者:経済地理学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2018年06月
  • ジャンル:学会誌 (学会誌)
内容:
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9