今月の新刊

『資本論』諸草稿の検討
再生産・信用と国民所得・貿易を中心に
  • 著者:奥田宏司
  • 定価:4,400円
  • 判型/頁/刊行:A5判 /230 頁 2021年05月
詳細表示
いわゆる財閥考
三井、三菱、そして住友
  • 著者:下谷政弘
  • 定価:3,520円
  • 判型/頁/刊行:四六判 /234 頁 2021年05月
詳細表示
開発事業と埋蔵文化財
伊場遺跡をめぐる開発・保存運動・訴訟
  • 著者:荒木田岳
  • 定価:5,280円
  • 判型/頁/刊行:A5判 /320 頁 2021年04月
詳細表示
石井家の人びと
「仕事人間」を超えて
  • 著者:石井寛治編
  • 定価:2,310円
  • 判型/頁/刊行:A5判 /240 頁 2021年04月
詳細表示
公共の利益とは何か
公と私をつなぐ政治学
  • 著者:松元雅和
  • 定価:3,300円
  • 判型/頁/刊行:A5判 /218 頁 2021年04月
詳細表示
話題の図書
自治のどこに問題があるのか
実学の地方自治論

3,300円/
(2021年03月)
無関心は地域を滅ぼす。税の使用を任せた自治体を民主...

冷戦期アジアの軍事と援助

5,940円/
(2021年03月)
第二次大戦後、急拡大した兵器取引の背景には何があっ...

災害に強い地域づくり
地域社会の内発性と計画

3,520円/
(2020年07月)
多発する災害。どう向き合うか。多くの教訓を遺した東...

満州国の自動車産業
同和自動車工業の経営史

4,070円/
(2020年03月)
満州国の国策会社として設立された同和自動車工業が、...

グローバル経済史にジェンダー視点を接続する

4,730円/
(2020年09月)
なぜグローバル経済史にジェンダー視点は欠かせないの...