• TOP
  • 書籍一覧 - シリーズ - 激動のインド

書籍一覧 - シリーズ - 激動のインド

小社、単行本です。

 
<< 前へ
|
次へ >>
5
件中
1
-
5
件目
暮らしの変化と社会変動
激動のインド 5
  • 著者:押川文子・宇佐美好文編
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2015年05月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:激動のなかで、人びとの生活はどのように変わったのか。衣や食、労働、結婚、出産などのあり方を分析し、その変化の要因と地域差、階層差を探る。
農業と農村
激動のインド 4
  • 著者:柳澤悠・水島司編著
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2014年09月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:激動の中で、人々の生活はどのように変わったのか。衣や食、労働、結婚、出産などのあり方を分析し、その変化の要因と地域差、階層差を探る。
経済成長のダイナミズム
激動のインド 3
  • 著者:絵所秀紀・佐藤隆広編
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2014年08月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:2011年度に購買力平価基準で日本を追い抜き、世界第3位の経済大国になったインドの成長のダイナミズムにメスを入れその行方を展望する。
環境と開発
激動のインド 2
  • 著者:水島司・川島博之編著
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2014年03月
  • ジャンル:社会一般 (人文・社会)
内容:人口変動や灌漑開発、気候変動に伴う農業生産の推移などにみられた環境の長期変動を検証し、これからのインドにおける食糧需給予測、そして環境問題をどう考えていくか。
変動のゆくえ
激動のインド 1
  • 著者:水島司編
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2013年12月
  • ジャンル:社会一般 (人文・社会)
内容:激しい動きの表層の中で、何が成長し何が足を引っ張っているのか。長期的な動きの中に現在を置き、人びとの生きる姿をとらえ、激流の中核をえぐり出す。
<< 前へ
|
次へ >>