• TOP
  • 書籍一覧 - シリーズ - 国際公共政策叢書

書籍一覧 - シリーズ - 国際公共政策叢書

小社、単行本です。

 
<< 前へ
| 1 | 2 次へ >>
11
件中
1
-
10
件目
開発援助政策
国際公共政策叢書 19
  • 著者:下村恭民
  • 定価:本体3000円+税
  • 刊行:2011年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:なぜ援助が行われるのか。援助国政府・ODAの理念や動機はどう作用し、NPOなど多様な利害関係者の途上国・国際社会・援助国内での働きかけがどう影響するのか。具体的事例を通じ検討する。
国際公共政策
国際公共政策叢書 2
「新しい社会」へ
  • 著者:進藤榮一
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2010年04月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:21世紀 巨大な「海の変化」の中でいま、「新しい社会」をどうつくり上げるのか、公共政策のあり方が問い直されている。歴史的、国際的文脈から政策理論を検証し、その本質を解明し提言する。
安全保障政策
国際公共政策叢書 18
  • 著者:山本武彦
  • 定価:本体2400円+税
  • 刊行:2009年12月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:防衛政策に留まらず経済・技術・社会的側面にまで射程を広げ、安全保障政策の理論と実際、地政学が国家や国際安全保障論に与える影響を考察する。
労働政策
国際公共政策叢書 11
  • 著者:五十嵐仁著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2008年05月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:人間らしく働き、生きるためにニートやワーキングプア、増え続ける非正規雇用で年収低下が叫ばれるなか、正社員も残業代ゼロのホワイトカラー・エグゼンプション導入の危機にある。すべての人が人間らしい生活を送ることができる労働のあり方を探る。
自治体政策
国際公共政策叢書 16
  • 著者:佐々木信夫著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2008年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:公共分野において自治体が果たす役割とは何か。こうした問いに対し、市民主権の観点に立って、制度、人材、財政、改革などを織り交ぜて論ずる新しい地方自治論を展開する。
都市政策
国際公共政策叢書 13
  • 著者:竹内佐和子著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2006年10月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:東京丸の内エリア再開発や中国四川省の開発など、世界各地の都市開発に携わってきた著者による、理論と実践の見事な融合をみた新しい都市政策論がここに生まれる。
中小企業政策
国際公共政策叢書 9
  • 著者:黒瀬直宏著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2006年07月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:ベンチャー精神!ものづくり!中小企業への期待は大きいが、中小企業政策のあり方についての議論はいまだ深まっていない。その存在理由は?どういう政策が実施されてきたか?今後いかに改革するか?これらを政策の実態分析を通して明らかにしていく。
国連政策
国際公共政策叢書 20
  • 著者:河辺一郎著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2004年07月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:9.11、イラク攻撃、イスラム世界の反発など世界の混迷はますます深刻化する。国連はいかなる役割を果たせるか。国連の歴史を辿りながら日本のこれからの関わり方を示す。
農業政策
国際公共政策叢書 10
  • 著者:豊田隆著
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2003年11月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:食のグローバル化と国際開発のなかで、食料の安全保障、持続可能な農業、資源循環型社会の展望を探る。アジア、欧米、中南米等、豊富な事例を挙げて検討。
公共政策への招待
国際公共政策叢書 1
  • 著者:進藤榮一編
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2003年06月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:どの国もどの政府も〈失敗の歴史〉を持っている。その教訓をどう政策の中に繰り込み、国際関係の中に位置づけ直し、構造変革の途につなげて市民のための政策としていくのか。
<< 前へ
| 1 | 2 次へ >>