小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2093
件中
1
-
10
件目
韓国ジャーナリズムと言論民主化運動
『ハンギョレ新聞』をめぐる歴史社会学
  • 著者:森類臣
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:韓国の言論民主化運動から形成された同紙は、なぜ権力を監視する報道を持続できたのか。創刊過程と理念、報道・論評活動を分析し、韓国のジャーナリズムと社会変化のプロセスを解明する。
カウンセラーになる
大妻ブックレット 3
心理専門職の世界
  • 著者:尾久裕紀・福島哲夫編著
  • 定価:本体1400円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:
内容:大学でどのように学び、どのような資格が必要か。その仕事は何か。カウンセラーについて具体的に説明。公認心理師、臨床心理士の養成についてわかりやすく、最新の情報を紹介。
ドイツにおける運輸連合制度の意義と成果
  • 著者:青木真美
  • 定価:本体3700円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:ドイツにおいて都市の公共交通の調整と運営を担ってきた「運輸連合」。その創成期から現在までの40年を交通政策と行政の視点から分析し、他国との比較や日本への示唆も提示する。
英国ファンタジーの風景
大妻ブックレット 2
  • 著者:安藤聡
  • 定価:本体1300円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:現代思想 (人文・社会)
内容:『不思議の国のアリス』や『ホビット』、『ハリー・ポッター』など、なぜ英国では優れたファンタジーが生まれるのか。作者にゆかりの土地と、作品の舞台・背景を紹介し、その魅力に迫る。
女子学生にすすめる60冊
大妻ブックレット 1
  • 著者:大妻ブックレット出版委員会
  • 定価:本体1300円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:
内容:これから大学で学びはじめる新入生に向け、多様な専門性をもつ教員たちが、いま読んでほしい本60冊をわかりやすく紹介。小説・新書など手に取りやすい本も多く所収する。
戦後日本の地域形成と社会運動
生活・医療・政治
  • 著者:鬼嶋淳
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2019年07月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:「戦後社会」の形成期、人びとは地域のあり方や「民主主義」をめぐって、どのように議論し行動したのか。運動主体の動機や意識、運動と社会との関係に注目し歴史的に検証する。
参加による自治と創造
新・地域社会論
  • 著者:内田和浩
  • 定価:本体2800円+税
  • 刊行:2019年06月
  • ジャンル:地域社会 (経済)
内容:いま、共同体として見直しが進む「地域社会」とは何か。現代に至るまでの地域社会の歴史と構造を学び、高齢者、エスニック、女性、ボランティア等々、多様な住民の地域への参加を考える。
変貌する水田農業の課題
  • 著者:八木宏典・李哉泫編著
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2019年06月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:家族経営を代替する大規模農業法、作型・6次産業化からみた多様なビジネスモデルの出現、水田の畜産的利用、高まる政策リスク。変貌する水田農業の実態と課題を探る。
戦後日本の地域金融
バンカーたちの挑戦
  • 著者:伊藤正直・佐藤政則・杉山和雄編著
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2019年05月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:金融再編によって地方銀行、信用金庫が担う地域公益はどう変わるのか。戦後にあるべき姿を模索し、再建を果たした全国56名のバンカーたち。その理念と取組から今後を探る。
協同による社会デザイン
  • 著者:小木曽洋司・向井清史・兼子厚之 編著
  • 定価:本体3600円+税
  • 刊行:2019年04月
  • ジャンル:地域社会 (経済)
内容:「だれ一人取り残さない社会」(国連の目標)はどのようにすれば実現できるのか。そのために生協はいかなる貢献ができ、変わらなければならないのか。生協運動に要請されている課題に応える。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9