• TOP
  • 書籍一覧 - 検索結果

書籍一覧 - 検索結果

小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>
1772
件中
11
-
20
件目
金融危機は避けられないのか
不安定性仮説の現代的展開
  • 著者:青木達彦著
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2018年02月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:ミンスキーの金融不安定性仮説は今回の金融危機の分析に際しても大いに機能する――本書は、このことを理論的、実証的に確認し「危機」のメカニズムを解明する。
大塚久雄から資本主義と共同体を考える
コモンウィール・結社・ネーション
  • 著者:梅津順一・小野塚知二編著
  • 定価:本体3000円+税
  • 刊行:2018年01月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:戦後社会科学の旗手であった大塚久雄。彼の提起したさまざまな基本的論点は、現在の人間・社会・世界に対してどのような問いを投げ掛けているだろうか。
我が国の経済外交2018
  • 著者:外務省経済局
  • 定価:本体2700円+税
  • 刊行:2018年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:対米や対EU経済関係、日本企業の海外展開や資源エネルギー等の安定供給、投資や外国人観光客の誘致、これらを支える土台ともなる国際的なルール作りへの参画など、経済外交の最新の動きをキャッチ。
学生時代にキャリア力を身につけよう
  • 著者:近藤仁
  • 定価:本体700円+税
  • 刊行:2018年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:将来のキャリア向上に向けて! 日本では,新規大学卒業者の10人中3人が3年以内に離職する。 希望する企業に就職したはずが,多くのミスマッチが発生している。社会人としての将来を見据えたキャリア設計を行うため、学生のうちにすべきことはなにか。
複合危機
ゆれるグローバル経済
  • 著者:牧野裕・紺井博則・上川孝夫編
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2017年12月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:現代資本主義のもとで繰り返されてきた金融・財政・通貨危機と実体経済の危機が複合的・重層的に現出せざるを得ない構造を解明する。トランプ政権はどこへゆくのか。
地域間ヤードスティック競争の経済学
  • 著者:西垣泰幸
  • 定価:本体5200円+税
  • 刊行:2017年12月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:地方財政の最新理論モデルを用い、地方分権下の政策競争による効率的な公共財供給、財政格差是正や、地方税のあり方を考察。日本財政が悪化し続けるいま、既存の理論を刷新する試み。
同時代史研究 第10号
  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2017年12月
  • ジャンル:
内容:「境界」をつくる(李英美)、鶴見俊輔とハンセン病者(宮下祥子)、沖縄返還と自衛隊配備(成田千尋)、沖縄労働戦線統一の背景(古波藏契)、韓国民主化連帯運動と文化活動(徐潤雅)ほか。
出会いと結婚
家族研究の最前線 2
  • 著者:平井晶子・床谷文雄・山田昌弘編
  • 定価:本体5200円+税
  • 刊行:2017年12月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:未婚、晩婚、離婚、再婚、国際結婚、同性婚――。ひとはどんな出会いを経て、誰と結びつくのか。現代および歴史的な日本の状況と、世界の事情から、結婚の意味を再考する。
ケインズとケンブリッジのケインジアン
ポスト・ケインジアン叢書 39
未完の「経済学革命」
  • 著者:L. L. パシネッティ著/渡会勝義監訳・内藤敦之・黒木龍三・笠松学訳
  • 定価:本体5500円+税
  • 刊行:2017年11月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:20世紀最大の経済学者ケインズが巻き起こした「革命」は、未完に終わった。本書は、ケインズとその意思を継いだ人々の姿を浮き彫りにし、20世紀の経済学を再考する。
格差社会への対抗
新・協同組合論
  • 著者:杉本貴志編/全労済協会監修
  • 定価:本体2100円+税
  • 刊行:2017年11月
  • ジャンル:協同思想 (人文・社会)
内容:ユネスコ文化遺産に登録された協同組合は、格差社会を克服できるのか。揺らぐ「食」と「職」、そして「地域」を救う可能性を、「協同」する人のつながりに見る。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>