小社、単行本です。

 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
2047
件中
11
-
20
件目
留学生は近代日本で何を学んだのか
医薬・園芸・デザイン・師範
  • 著者:見城悌治
  • 定価:本体3700円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:近代日本への留学生たちは、何をどう学び・考え、その成果を未来に活かしたのか。人びとの交流と思想的連携や葛藤を、長いスパンでとらえ今日の「国際化」に資す。                                                                                                              
日本蚕糸業の衰退と文化伝承
  • 著者:高崎経済大学地域科学研究所 編
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:高度成長期以降、日本の蚕糸業はなぜ衰退したのか。その衰退過程と要因を多角的に分析した初めての研究。併せて世界遺産としての文化伝承を考える。
ドイツ歴史学派の研究
  • 著者:田村信一
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:歴史学派とは何か。ロッシャー、シュモラー、ゾルバルトなど代表的研究者の膨大な業績の分析を通し、新たな視点からその世界を解明。歴史学派研究の頂点に立つ力作。
日本憲兵史
小樽商科大学叢書 5
思想憲兵と野戦憲兵
  • 著者:荻野富士夫
  • 定価:本体6500円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:国内、そしてアジア各地で恐れられた憲兵は、いかなる組織と意図のもとで暴威をふるったのか。その実態を史料から読み解き、憲兵の誕生から終焉、そして現代への連続性を明らかにする通史。
金融システムの不安定性と金融危機
日米英のバブルの発生と崩壊
  • 著者:清水正昭
  • 定価:本体5000円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:金融危機はなぜ繰り返されるのか。70年代から先のサブプライム危機まで、日米英それぞれのバブル経済の発生と崩壊のメカニズムを分析し、金融システムの不可避的な脆弱性を明らかにする。
学歴と格差の経営史
新しい歴史像を求めて
  • 著者:若林幸男編著
  • 定価:本体7300円+税
  • 刊行:2018年02月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:日本の企業社会では当然とされてきた「学歴格差」はいつ、つくられたか。 明治期から戦後までの三井物産の人事を、多くの新史料によって実証・比較分析し、新しい視座を与える。
韓国経済発展の始動
  • 著者:金子文夫・宣在源編著
  • 定価:本体8900円+税
  • 刊行:2018年02月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:第2次大戦後、市場経済や対外関係の回復と資本移動や技術移転に適応し、1960年代に高成長した韓国経済の成長要因と仕組みを、経済政策、資源調達、企業行動に注目し解明する。
グローバル・ヘルス・ビジネス
世界標準で健康を考える
  • 著者:一戸真子
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2018年02月
  • ジャンル:経営・会計 (経済)
内容:健康ブームが続くなか、日本では社会保障体制が揺らぎつつある。日本で、そして世界で、人びとの健康と医療を守る新たな社会システムの構築を考える。
金融危機は避けられないのか
不安定性仮説の現代的展開
  • 著者:青木達彦著
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2018年02月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:ミンスキーの金融不安定性仮説は今回の金融危機の分析に際しても大いに機能する――本書は、このことを理論的、実証的に確認し「危機」のメカニズムを解明する。
我が国の経済外交2018
  • 著者:外務省経済局
  • 定価:本体2700円+税
  • 刊行:2018年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:対米や対EU経済関係、日本企業の海外展開や資源エネルギー等の安定供給、投資や外国人観光客の誘致、これらを支える土台ともなる国際的なルール作りへの参画など、経済外交の最新の動きをキャッチ。
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9