• TOP
  • 書籍一覧
  • 書籍:ケインズとケンブリッジのケインジアン
ケインズとケンブリッジのケインジアン

ポスト・ケインジアン叢書 39

ケインズとケンブリッジのケインジアン

未完の「経済学革命」

  • 著者:L. L. パシネッティ著/渡会勝義監訳・内藤敦之・黒木龍三・笠松学訳
  • 定価:本体5500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2481-2
  • 判型:A5判
  • 頁:396頁
  • 刊行:2017年11月
  • ジャンル:経済学史経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

20世紀最大の経済学者ケインズが巻き起こした「革命」は、未完に終わった。本書は、ケインズとその意思を継いだ人々の姿を浮き彫りにし、20世紀の経済学を再考する。

目次

 第1部 ケインズの未完の革命―フェデリーコ・カッフェ講義、1995年
第1章 正統派との決別の決意
第2章 ケインズ後の「革命」
 第2部 ケインズ経済学のケンブリッジ学派
第3章 リチャード・フェルディナンド・カーン(1905-1989)
第4章 ジョーン・ヴァイオレット・ロビンソン(1903-1983)
第5章 ニコラス・カルドア(1908-1986)
第6章 ピエロ・スラッファ(1898-1983)
第6章の1 簡単な伝記的・書誌的スケッチ
第6章の2 ケンブリッジのイタリア経済学者
第6章の3 ピエロ・スラッファの思想における連続性と変化
第7章 リチャード・マーフィー・グッドウィン(1913-1996)
 第3部 発展する経済のための生産のパラダイムに向かって
第8章 新古典派経済学を超えて
第9章 純粋理論の段階
第10章 制度的な研究の段階
第11章 ケインズ革命の将来再考