農業構造の現状と展望

農業構造の現状と展望

―持続型農業・社会をめざして

  • 著者:後藤光藏
  • 定価:本体6000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2442-3
  • 判型:A5判
  • 頁:420頁
  • 刊行:2016年10月
  • ジャンル:農業農業
  • アマゾンで購入

内容紹介

資本の支配と農業の工業化、日本農業の危機は資本主義の危機とも結びつき深化している。農業危機の現状を整理し、克服の展望を地道な調査を基礎に考える。

目次

第I部 日本の農業構造の現状把握
    ―その評価と今後の展望をめぐって

第1章 農業構造の変化とその評価
 第1節 80年代後期を画期とする農業の縮小段階
 第2節 農業構造変化の現状                       
 第3節 農業構造変化と農業生産の動向
 第4節 農業構造変化の評価                       
第2章 国際的農業危機
     ―戦後の国際食料・農業システムの矛盾の顕在化―
 第1節 戦後の国際食料・農業システムと日本の農業政策
 第2節 アグリビジネスによる食料・農業支配
 第3節 農業・食料システムの矛盾の顕在化
第3章 農業危機克服の道
 第1節 資本主義の転換と農業
 第2節 農業危機克服の方向―持続型社会、共生社会
 第3節 農業危機克服の担い手―農業構造分析の課題

第II部 農業構造変化の事例分析
     ―大規模化と経営耕地の団地化に焦点を当てて―
第1章 稲作経営受委託の構造―農民層分解の現段階―
 第1節 序―課題と分析視角
 第2節 経営受委託の展開―統計による概観
 第3節 経営受委託展開の現段階
 第4節 経営受委託における借地料の検討
 第5節 大規模受託経営の成立構造
 第6節 経営受委託に関する諸論点の検討
第2章 大規模農家の成長と経営耕地分散の動向
     ―石川県牛島集落―
 第1節 牛島集落の農業構造の変化
 第2節 圃場整備を契機とする担い手農家の経営耕地の変化
第3章 経営耕地分散解消の取り組み
 第1節 経営耕地の分散状況
 第2節 経営耕地団地化の道筋
 第3節 経営耕地団地化の契機としての圃場整備
 第4節 農場的土地利用に向けた利用調整の仕組み
 第5節 むらづくり・地域づくりとしての農地の利用調整と農場的土地      利用の実現
 第6節 おわりに―農場的土地利用実現のために―
第4章 2地域の農業構造変化の現段階
     ―担い手経営体の現状と地域農業―
 第1節 安城市高棚地区T営農組合
 第2節 牛島集落の農業とT農場
 第3節 小括
おわりに