現代国際通貨体制

現代国際通貨体制

  • 著者:奥田宏司
  • 定価:本体5400円+税
  • ISBN:978-4-8188-2197-2
  • 判型:A5判
  • 頁:360頁
  • 刊行:2012年02月
  • ジャンル:金融経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

1990年代末から2010年までのドル体制の変容、ユーロ体制の形成と動揺、アジア通貨危機以後の東アジア・通貨為替制度を論じ、現代の国際通貨体制を全面的に解明する。

目次

 ◆第1部 アメリカ経常収支赤字のファイナンスとドル体制
第1章 アメリカ国際収支構造の変遷
第2章 経常赤字の「自動的ファイナンス」論への批判的検討
第3章 対米ファイナンスと対外債務・債権の概念上の区分
第4章 資本収支の概念上の区分と諸項目の概算値
 ◆第2部 ヨーロッパにおけるユーロの基軸通貨化とユーロ体制
第5章 ユーロの基軸通貨化とユーロ体制の成立
第6章 ユーロ決済機構の高度化とギリシャ等の危機
第7章 ユーロ建貿易の広がりについて
第8章 ユーロと諸通貨の間の短資移動の動向
 ◆第3部 ドル体制下の東アジアの通貨・為替制度
第9章 アジア通貨危機後の東アジアの国際通貨状況
第10章 東アジアの通貨・為替制度とドル、円、人民元