ファンから観たプロ野球の歴史

ファンから観たプロ野球の歴史

  • 著者:橘川武郎・奈良堂史著
  • 定価:本体1800円+税
  • ISBN:978-4-8188-1933-7
  • 判型:四六判
  • 頁:260頁
  • 刊行:2009年08月
  • ジャンル:歴史人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

曲がり角に立つ日本プロ野球。70年余の歴史を緻密に観察し、現在直面する問題の根源に迫る。何よりもファンの立場に立って2人の経営学者が問題解決の道を展望する。

目次

目   次
はじめに:曲がり角に立つ日本のプロ野球 
Ⅰ ファンの目線の重要性
1 日本のプロ野球をめぐる四つの危険な兆候 
2 大リーグなんてこわくない? 
3 日本プロ野球史の時期区分 
Ⅱ 国民的スポーツへの苦闘(一九三六~五七年)
1 プロ野球誕生と「本業シナジーモデル」 
2 戦争とプロ野球 
3 戦後の再出発 
4 2リーグ分裂と巨人依存 
5 ラジオの時代と「広告宣伝モデル」 
Ⅲ ONの時代(一九五八~八〇年)
1 長嶋・王の登場と西鉄・南海の健闘 
2 巨人V9と巨人依存の本格化 
3 乱セと阪急王国 
4 江川事件が象徴したもの 
5 プロ野球人気とテレビの時代 
Ⅳ 挑戦と危機の交錯(一九八一~二〇〇八年)
1 広島・西武・ヤクルト・オリックス・ダイエー・日本ハムの勝因 
2 「総合力の時代」の到来──根本陸夫の挑戦
3 「巨人依存モデル」の継続 
4 阪神の機会損失と投資抑制が生んだプロ野球の危機 
5 マルチメディア化とプロ野球 
Ⅴ 日本プロ野球再生への道
1 「地域密着モデル」を深化させる 
2 ペナントレースを白熱化させる 
3 プロ野球を文化にする 
4 球場の収入を球団の収入にする 

おわりに:日本のプロ野球のこれまで、これから 
参照資料 
日本プロ野球関連年表 
あとがき