同時代史研究 第5号

同時代史学会編

同時代史研究 第5号

  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • ISBN:978-4-8188--
  • 判型:B5判
  • 頁:110頁
  • 刊行:2012年12月
  • ジャンル:学会誌学会誌

内容紹介

荒木田岳・大門正克・中嶋久人3氏による特集「3.11後の同時代史」、北河賢三氏の論文、矢嶋光氏「芦田均文書」資料紹介、同時代史の現場、書評、文献紹介などを掲載。

目次

《特集》3.11後の同時代史
福島原発震災およびその行政対応の歴史的背景・試論〔荒木田 岳〕
歴史実践としての朝日カルチャーセンター講座――3.11後、東京から気仙沼へ〔大門 正克〕
インターネットをメディアとして「同時代史」を描くこと――ブログ「東京の「現在」から「歴史」=「過去」を読み解く―― Past and Present」における3.11以降の情報発信活動について〔中嶋 久人〕

《論文》
須藤克三と戦後山形の教育文化運動〔北河 賢三〕

《研究ノート》
芦田均と戦中期の「自由主義」勢力――「芦田均文書の保存・整理・公開および研究基盤創出のための総合研究」の成果とその紹介〔矢嶋 光〕

《同時代史の現場》日本軍「慰安婦」問題をめぐる「同時代史」
日本軍「慰安婦」の記録と記憶のためのアクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」〔池田 恵理子〕
日本軍「慰安婦」を再構成する――日本人「慰安婦」とジェンダー〔西野 瑠美子〕

《書評》
《文献紹介》
《学会記録》