同時代史研究 第4号

同時代史学会編

同時代史研究 第4号

  • 著者:同時代史学会編
  • 定価:本体2500円+税
  • ISBN:978-4-8188--
  • 判型:B5判
  • 頁:128頁
  • 刊行:2011年12月
  • ジャンル:学会誌学会誌

内容紹介

中北浩爾、菊池信輝の2氏による論文、青木深氏による研究ノート、渡辺純子、赤澤史朗の2氏による研究動向、
資料紹介、同時代史の現場、書評、文献紹介などを掲載。

目次

《論文》
日本型多元主義の時代へ――ポスト高度成長期の自民党政治〔中北 浩爾〕
列島改造と福祉元年〔菊池 信輝〕

《研究ノート》
日本「本土」における米軍基地の分布と変遷――占領期からベトナム戦争終結まで〔青木 深〕

《研究動向》
「高度成長期」研究レビュー――経済史・経営史の視点から〔渡辺 純子〕
近代の象徴天皇制研究と歴史学〔赤澤 史朗〕

《資料紹介》
高学歴者における軍隊教育の内面化――「海軍軍医教育訓練所感」の紹介〔手嶋 泰伸〕

《同時代史の現場》「小さな新聞」が照らす「同時代史」と「世界」
「小さな新聞・大いなる志」の時代――移民集団が試みた異世界の実験〔田村 紀雄〕

《書評》
《文献紹介》
《学会記録》