帝都と軍隊

首都圏史叢書 3

帝都と軍隊

地域と民衆の視点から

  • 著者:上山和雄編著
  • 定価:本体4600円+税(品切)
  • ISBN:978-4-8188-1397-7
  • 判型:A5判
  • 頁:376頁
  • 刊行:2002年01月
  • ジャンル:歴史人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

戦前日本の軍隊はいかなる存在であったか。徴兵制・在郷軍人会・銃後組織など、軍隊と帝都およびその周辺を念頭に置きつつ、民衆・地域との関わりを明らかにする。