防長米改良と米穀検査

防長米改良と米穀検査

米穀市場の形成と産地(1890年代~1910年代)

  • 著者:大豆生田稔
  • 定価:本体9450円+税
  • ISBN:978-4-8188-2414-0
  • 判型:A5判
  • 頁:388頁
  • 刊行:2016年01月
  • ジャンル:経済史・経営史経済

内容紹介

山口県の「防長米」は近代日本の米穀市場にどのように包摂されたか。産地に浸透する米穀検査が産米を「商品」として仕立て、円滑な取引とその拡大を促していく過程を解明する。

目次

序  章 近代米穀市場の形成と米穀検査
第一章 米撰俵製改良組合と米商組合
第二章 防長米改良組合の発足
第三章 防長米改良組合の改組
第四章 防長米同業組合の設立
第五章 防長米改良と試験田
第六章 防長米同業組合と阪神市場
終  章 総括と展望