貿易利益を得るのは誰か

シリーズ社会・経済を学ぶ

貿易利益を得るのは誰か

国際貿易論入門

  • 著者:笠嶋修次
  • 定価:本体3000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2336-5
  • 判型:A5判
  • 頁:270頁
  • 刊行:2014年09月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

貿易と投資の自由化は勝者と敗者を生み出す。最新の理論を含む貿易と直接投資の基礎理論により、自由化の産業部門・企業間および生産要素間での異なる経済効果を解説する。

目次

第1章 技術水準の相違と国際貿易
第2章 開放経済の一般均衡と新古典派の貿易理論
第3章 生産資源の賦存と国際貿易
第4章 特殊要素と貿易の所得分配効果
第5章 規模の経済性と国際貿易
第6章 海外直接投資とオフショアリング
第7章 貿易政策の基礎理論
第8章 不完全競争市場と貿易政策