福祉国家と政府間関係

福祉国家と政府間関係

  • 著者:金澤史男著
  • 定価:本体4800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2114-9
  • 判型:A5判
  • 頁:336頁
  • 刊行:2010年06月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

市場原理、効率性が重視され福祉国家が大きく変容するなか、また地方分権・自治のあり方が問われるなか、日本の福祉国家財政と現在の地方財政改革について健筆をふるう。

目次

  第1部 日本の福祉国家財政
第1章 福祉国家財政と現金給付・現物給付
第2章 税財政システムからみた少子化対策
第3章 財政危機下における公共投資偏重型財政システム
第4章 日本における福祉国家財政の再編
    ――グローバル化と構造改革
第5章 現代財政と公私分担の再編
  第2部 地方分権改革の歴史的意義
第6章 地方分権の日本的文脈
第7章 日本における政府間事務配分の動向
第8章 市町村合併促進と住民サービスのあり方
    ――合併推進論の再検討
第9章 日本型財政システムの形成と地方交付税改革論
 付論 「自主財源主義」の問題点と地方交付税制度
第10章 地方債許可制度の展開と協議制への転換
終章 三位一体の改革から分権改革のサード・ステージへ