戦間期日本の水産物流通

戦間期日本の水産物流通

内容紹介

都市化の進展とともに食料品の供給が社会の安定と経済の持続的成長にとって重要課題となった。水産物供給体制の形成過程を運輸、市場、企業の視点から検討する。

目次

序 章 課題と構成
第1章 1920年代における水産物の輸送問題
第2章 中央卸売市場の設立と資本制漁業企業
第3章 1920年代の水産物冷蔵流通の構想と実践
第4章 食料品供給環境の変化と製氷・冷蔵企業
第5章 日魯漁業の塩魚製品の開発と大量生産
第6章 日魯漁業の「計画的な流通事業」の展開
第7章 漁業経営環境の変化と戸畑冷蔵の設立
第8章 共同漁業の「水産工業化」戦略の展開
第9章 日本水産の事業統合と再編
終 章 水産物供給体制の変容