毒消し売りの社会史

毒消し売りの社会史

女性・家・村

  • 刷数:4刷
  • 著者:佐藤康行著
  • 定価:本体3300円+税
  • ISBN:978-4-8188-1454-7
  • 判型:A5判
  • 頁:300頁
  • 刊行:2002年11月
  • ジャンル:地域社会経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

人々はどのような家、村を生き、行商はどのような影響を与えたのか。貴重な聞き取りを交え、ライフヒストリーや近現代越後の村を様々な角度から明らかにする。

目次

 序 章 課題と分析視角

第1部 毒消し売りの社会史
 第1章 毒消し売りのライフヒストリー
 第2章 毒消しの村
 第3章 行商の生活
 第4章 行商の社会的性格

第2部 家の社会史
 第5章 近世から近代にかけての家
 第6章 家の暮らし
 第7章 現代の家族
 第8章 家の連続性と不連続性

第3部 村の社会史
 第9章 村の生活の歴史
 第10章 村と毒消し売り
 第11章 村落の構造史

 終 章 毒消し売りの村と研究の意義