• TOP
  • 資料集
  • 戦時・戦後復興期住宅政策資料 住宅営団

戦時・戦後復興期住宅政策資料 住宅営団

編  集 西山卯三記念すまい・まちづくり文庫
      住宅営団研究会
      研究会代表 広原盛明(龍谷大学教授/西山夘三記念すまい・まちづくり文庫理事長)
      富井正憲(神奈川大学教授)
      大本圭野(東京経済大学教授)
      森本信明(近畿大学)
      塩崎賢明(神戸大学)
      菊岡倶也(建設文化研究所)
      大月敏雄(東京理科大学)
      安藤元夫(近畿大学)
      海老塚良吉(国際建設技術研究所)
      前田昭彦(都留文化大学)

体  裁 B5判 上製 クロス装

刊  行 2000年~2001年 全6巻18分冊

価  格 各巻:25,000円 揃価:450,000円(税別)

★ 日中戦争の激化とともに1941年5月、同潤会の発展的後身として設立された「住宅営団」であった。「国民生活」の確立を目指して展開された一連の戦時下社会政策の住宅版をねらった営団である。GHQによって閉鎖機関に指定されるまでの5年半の展開はどのようなものであったのか。住宅政策史の空白を埋める資料群の発見によって、住宅営団の全容が解明される。

【巻別構成】

巻数 主な収録資料 内容紹介 編集・解題
第1巻
形成過程
(2分冊)
  1. 第二次大戦開戦直前の1940年当時の住宅・建設事業
  2. 住宅営団法案及び貸家組合法案の審議過程
  3. 同潤会から住宅営団への引き継ぎ事項
その他
厚生省が命運を賭けて戦時住宅政策を検討するために設置した「住宅対策委員会」(1940年6月勅令)及び「同特別委員会」から始まり、「住宅営団設立委員会」(1941年4月)に至までの関係資料を時系列的に編集。なお、住宅営団は先行する同潤会を発展的に吸収する形で組織されたため、これと併行して開催された同潤会評議員会(1941年1月、3月)関係資料も収録。
  • 冨井正憲
  • 大本圭野
  • 広原盛明
第2巻
組織と事業
(2分冊)
  1. 法令・定款・組織・人事、住宅建設・住宅経営・厚生施設・資金貸付・仲介に関する業務、財務などの住宅営団の基本制度に関する資料
  2. 1942年度から1946年度までの事業計画書及び事業報告書などの事業内容に関する資料
  3. 役員職員名簿・技術者名簿などの人的組織に関する資料
  4. 建設した住宅団地に関する図面資料
住宅営団設立(1941年5月)から閉鎖(1946年11月)に至るまでの住宅営団評議員会資料を中心にして関連資料を時系列的に編集。
  • 森本信明
  • 塩崎賢明
  • 菊岡倶也
第3巻
設計・工務体制
(5分冊)
  1. 「工務関係資料速報」第1号~第6号 「設計資料速報」第7号~第13号 「建設資料速報」第14号第15号など設計・材料・施工・仕様・価格・費用などに関する一連の工事資料
  2. 規格住宅・パネル式組立住宅・特別級住宅・応急工員住宅・戦災復興住宅・戦災者架設住宅など各種住宅の設計図、新築工事標準仕様書・標準平面 図集
  3. 管理所・診療所・集会所・日用品売場・公衆浴場など各種厚生施設の設計図及び新築工事標準仕様書
  4. 住宅団地建設に伴う外部工事の設計図及び仕様書
  5. 建築工事の請負・発注などに関する契約関係資料
  6. 工務課技術者の親睦誌
  7. 住宅営団設立委員会に並行して設置された住宅規格に関する協議会関係資料
  8. 営団住宅の設計に大きな影響を与えた建築学会住宅問題委員会の住宅基準関係資料など
建設現場の最前線を担った建設局工務課を中心に、住宅及び住宅地の設計と施工に関する技術資料を編集
  • 大月敏雄
  • 菊岡倶也
第4巻
調査・研究
(6分冊)
  1. 海外住宅政策や国土計画など国際レベルのテーマから大都市・地方都市の住宅事情や労務社の生計費と住宅費の関係、さらには都市防空と疎開問題や共同炊事の運営に至るまでの広範な話題を取り上げて情報収集につとめた「住宅研究資料」第1輯~第26輯
  2. 主としてドイツの住宅政策・住宅法制を対象にした「住宅問題海外資料」第1輯~第7輯
  3. 国内の既存統計資料を編集した「住宅統計資料」第1号~第5号及び営団研究部が各都市を独自にヒアリング調査した「住宅指示上調査報告」第1輯~第2輯
  4. 調査課が各団地で開催した入居者の「住み方座談会記録」並びに「住み方調査報告書」第1輯~第10輯
  5. 各種調査結果を研究論文として刊行した「住宅研究叢書」第1輯~第3輯など
営団研究部が内外の広範な住宅・都市情報を収集するために開催した「住宅研究会」の研究報告書シリーズ、調査課が実施した各種調査報告などを中心に編集
  • 広原盛明
  • 安藤元夫
  • 海老塚吉
  • 前田昭彦
第5巻
旧植民地住宅営団の展開
(2分冊)
  1. 朝鮮住宅営団の概要、朝鮮住宅営団令・同施行規則、朝鮮住宅営団定款、朝鮮住宅営団庶務会計例規類集、昭和17年度事業計画書案ほか
  2. 工事設計図、新聞、雑誌の記事など
編集を担当した冨井が現地で収集した朝鮮・台湾・中国の旧植民地住宅営団関連資料を朝鮮住宅営団資料を中心に編集
  • 冨井正憲
第6巻
閉鎖後の住宅運動
(1冊)
営団閉鎖後の住宅営団労働組合を中心とする終戦直後の住宅運動や住宅復興同盟の「住宅通信」第1号第213号を収録する。
  • 大本圭野
  • 前田昭彦