経済安定本部 戦後経済政策資料

編  集 総合研究開発機構(NIRA)戦後経済政策資料研究会
      研究会代表 林 健久(東京大学名誉教授)
      編集委員  解題者欄に記載

体  裁 B5判 上製 クロス装 

刊  行 1994年~1996年 全41巻+別巻1

価  格 各巻21,000円(別巻のみ35,000円) 揃価896,000円(税別)

★ 経済企画庁(現内閣府)には、太平洋戦争後の経済復興過程にあって経済安定本部が企画・立案した当時の政策資料が保存されてきた。総合研究開発機構では、これらの資料をもとに1991年春から「戦後経済政策資料研究」を開始。機構内に標記の研究会を設置し、資料の整理、分析、評価を行った。本資料集は250,000頁にのぼる資料を11の分野に分け、そのなかから重要なものを体系的に整理し公刊する。

【編別構成】

第1編 経済一般・経済政策
  1. 経済安定本部の組織・機構・機能に関する資料
  2. 経済安定の基本政策に関する資料
  3. 賠償問題、進駐軍負担に関する資料
  4. 統計研究会・統計委員会に関する資料
  5. 資源委員会・資源調査会に関する資料
解題 大森とく子(元大蔵省財政金融研究所)
第1~3巻(3冊)
揃価 63,000円
第2編 経済統制
  1. 統制の基本方針と制度
  2. 物資需給計画関連資料
  3. 公団関連資料
  4. 配給制度の実情と改善策に関する資料
  5. 統制解除に関する資料
解題 伊藤 修(埼玉大学教授)
第4~6巻(3冊)
揃価 63,000円
第3編 経済計画
  1. 長期計画立案資料
  2. 長期計画関連資料
  3. 復興計画資料
  4. 経済復興計画委員会関連資料
  5. 自立経済計画に関する資料
解題 伊藤正直(東京大学教授)
第7~15巻(9冊)
揃価 189,000円
第4編 物価
  1. 物価政策の立案・決定に関する資料
  2. 計画・実績統計資料
  3. 国内外調査資料
解題 寺村 泰(静岡大学教授)
第16~18巻(3冊)
揃価 63,000円
第5編 財政金融
  1. 財政金融政策基本方針に関する資料
  2. 資金計画・融資規制関係資料
  3. 予算・税制・関税関係資料
解題 岡崎哲二(東京大学教授)
第19~23巻(5冊)
揃価 105,000円
第6編 貿易・為替・外資
  1. 制限付き民間貿易の再開・開始までの資料
  2. 昭和23年 BSコントラクト方式とヤング・レポートに関する資料
  3. 経済安定9原則、民間貿易全面的再開に関する資料
  4. 朝鮮戦争期の資料
  5. 講和以後の資料
解題 浅井良夫(成城大学教授)
第24~27巻(4冊)
揃価 84,000円
第7編 産業
  1. 経済安定本部設立前の産業政策
  2. 企業再建整備
  3. 石炭・鉄鋼政策(昭和21・22年)傾斜生産
  4. 中小企業振興対策(昭和22年)
  5. 産業合理化
  6. 主要産業対策(石炭・鉄鋼・電力・石油・その他)
解題 奈倉文二(獨協大学教授)
第28~30巻(3冊)
揃価 63,000円
第8編 農林・水産・食糧
  1. 農林関係全般資料
  2. 食糧対策に関する資料
  3. 受給と集荷配給に関する資料
  4. その他
解題 大川裕嗣(福島大学教授)
第31~33巻(3冊)
揃価 63,000円
第9編 建設
  1. 国土開発に関する資料
  2. 公共事業関連
  3. 電源開発関連
  4. その他
解題 御厨 貴(政策研究大学院大学教授)
第34~37巻(4冊)
揃価 84,000円
第10編 労働
  1. 失業と雇用、賃金に関する資料
  2. 労働運動に関する資料
  3. 労働調査資料
解題 三宅明正(千葉大学教授)
第38~39巻(2冊)
揃価 42,000円
第11編 運輸・通信
  1. 運輸全般に関する資料
  2. 海運関係資料
  3. 陸運関係資料
  4. 通信その他
解題 長谷川 信(青山学院大学教授)
第40~41巻(2冊)
揃価 42,000円
別巻 収録資料総目録 1冊 35,000円