自治と教育の地域づくり

シリーズ社会・経済を学ぶ

自治と教育の地域づくり

新・地域社会論Ⅱ

  • 著者:内田和浩
  • 定価:3,300 円
  • ISBN:978-4-8188-2596-3
  • 判型:A5判
  • 頁:232頁
  • 刊行:2021年09月
  • ジャンル:

内容紹介

地域住民の主体形成のために重要な「地域づくり教育」とは何か。北海道内の先進自治体の事例と住民リーダーの役割を紹介・分析する、新しい地域社会論のテキスト。

目次

序 章 地域づくりとは何か
 第1部 わかるの豊富化としての「自治体社会教育」
第1章 「自治体社会教育」の理論枠組み
第2章 「青年」が主体
第3章 協働のまちづくりが深化
第4章 「自治を創る学び」
第5章 「まちづくり権」と自治基本条例の比較
 第2部 リーダーのライフヒストリーから見た地域づくり
第6章 上士幌町の「ぬかびら源泉郷再生」
第7章 浦河町の地域づくりリーダー
第8章 留萌町の「三省堂を応援し隊」
第9章 平取町の「ニシパの恋人」
第10章 栗山町の「ハサンベツ里山づくり」
 第3部 地域づくり教育のすすめ
第11章 北海道の地域づくりは進んだのか
第12章 担い手としての「社会教育士」への期待