『資本論』諸草稿の検討

『資本論』諸草稿の検討

再生産・信用と国民所得・貿易を中心に

  • 著者:奥田宏司
  • 定価:4,400 円
  • ISBN:978-4-8188-2582-6
  • 判型:A5判
  • 頁:230頁
  • 刊行:2021年05月
  • ジャンル:経済学経済

内容紹介

『資本論』第2巻の表式論、第3巻の信用論の諸草稿の検討、第3巻の国民所得論の国民経済計算との対比によって、米国発の金融危機、日本の財政赤字の展望を呈示する。