近現代日本の地方産業集積

近現代日本の地方産業集積

木工から機械へ

  • 著者:張楓
  • 定価:8,250 円
  • ISBN:978-4-8188-2581-9
  • 判型:A5判
  • 頁:436頁
  • 刊行:2021年03月
  • ジャンル:

内容紹介

産地型集積から都市型複合集積へダイナミックな転換・変動が進展したメカニズムを備後福山の下駄・家具・機械工業を事例に、産業史的見地から実証的に明らかにする。

目次

 序章 地方産業集積のダイナミズム
第Ⅰ部 下駄産業
 第1章 松永下駄産地の形成:戦前期
 第2章 松永下駄産地の展開:戦時経済統制期
 第3 章 松永下駄産地の生産拡大と業種転換:戦後復興期から高度成長期
第Ⅱ部 家具産業
 第4章 府中高級婚礼家具産地の生産体制と流通システム:高度成長期   
 第5章 府中高級婚礼家具産地における熟練労働力の調達と養成:高度成長期     
 第6章 福山家具産地の形成と発展:高度成長期の松永地区を中心に
第Ⅲ部 機械工業
 第7章 備後福山機械工業集積の形成:戦前・戦時期
 第8章 備後福山機械工業集積の成長:戦後復興期・高度成長期
 第9章 備後福山機械工業集積の構造転換:グローバル化時代