新訳 蜂の寓話

新訳 蜂の寓話

私悪は公益なり

  • 著者:バーナード・マンデヴィル著/鈴木信雄訳
  • 定価:本体5500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2548-2
  • 判型:A5判
  • 頁:386頁
  • 刊行:2019年11月
  • ジャンル:経済学史経済

内容紹介

18世紀、西欧に到来しつつある商業社会の本質を冷徹に見通していた思想家・マンデヴィル。思想の一部はアダム・スミスが事実上継承し、ケインズ、ハイエク、マルクスらの想源となった作品の新訳。

目次

1 緒言
2 栄茂の蜂の巣――悪人が正直者になった話
3 序文
4 美徳の起源についての一考察
5 注釈
6 慈善および慈善学校に関する試論
7 社会の本質についての一考察
8 本書の弁明