• TOP
  • 書籍一覧
  • 書籍:金融システムの不安定性と金融危機
金融システムの不安定性と金融危機

金融システムの不安定性と金融危機

日米英のバブルの発生と崩壊

  • 著者:清水正昭
  • 定価:本体5000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2493-5
  • 判型:
  • 頁:344頁
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:経済学経済

内容紹介

金融危機はなぜ繰り返されるのか。70年代から先のサブプライム危機まで、日米英それぞれのバブル経済の発生と崩壊のメカニズムを分析し、金融システムの不可避的な脆弱性を明らかにする。

目次

序 章 グローバル経済下の貨幣資本の蓄積
第1章 イギリスの金融市場改革とSecondary Banking Crisis
第2章 わが国のバブル発生の金融メカニズム
第3章 アメリカの金融自由化・証券化とS&L危機
第4章 サブプライム金融危機とShadow Banking System
終 章 金融機関の行動様式と金融システムの不安定性