アメリカIT産業のサービス化

アメリカIT産業のサービス化

ウィンテル支配とIBMの事業変革

  • 著者:森原康仁
  • 定価:本体4500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2470-6
  • 判型:A5判
  • 頁:240頁
  • 刊行:2017年06月
  • ジャンル:産業経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

巨象IBM はなぜ復活したのか。ウィンテル支配に抗し、自社の規模と範囲を活かす「統合化」を追求してサービス化を成し遂げた独自の戦略を析出する。研究史を埋める労作。

目次

第1章 課題と分析視角
第2章 アメリカIT 産業におけるサービス部門
第3章 アメリカ企業の情報化投資とIT サービスの成長
第4章 要素技術の統合コストとIT 市場の再編
第5章 IBM の経営再建プロセス
第6章 「統合化モデル」と「Wintel モデル」の相克
第7章 本書の総括と今後の研究課題