近代公娼制度の社会史的研究

近代公娼制度の社会史的研究

内容紹介

近世社会に成立した性売買のシステムが、芸娼妓解放令を契機に再編される過程の検証をつうじて、近代転換期の公娼制度や遊廓がもつ性差別の構造を解明。

目次

序章 本書の課題と方法
第一章 芸娼妓解放令と娼妓「解放」
第二章 芸娼妓解放令と遊廓社会
第三章 開港場・神戸と明治初年の遊所統制
第四章 明治初年の大阪における遊所統制と公娼制度の再編
第五章 北陸・港町遊所の形成と展開
     ―加賀藩金石町相生町新地を事例に―
補 論 金沢の茶屋町