琉球王国の成立〈上〉

琉球王国の成立〈上〉

日本の中世後期と琉球中世前期

内容紹介

時は倭寇の時代。明・朝鮮が生まれ、日本史は南北朝の内乱から室町時代に/そのなかに沖縄史も取り込まれていく。

目次

第一章 天皇権力の復活と内乱(一四世紀)
  第一節 建武の新政から南北朝内乱へ(一四世紀前半)
  第二節 安定に向かう室町幕府(一四世紀後半)
  第三節 一四世紀の東アジア
  第四節 一四世紀の東南アジア
  第五節 南北朝の内乱・室町幕府と九州
  第六節 一四世紀の九州と南の島々
第二章 「舜天王統」と「英祖王統」(一二~一四世紀)
  序 琉球王府の正史と「琉球古代」
  第一節 天孫氏二五代のこと
  第二節 舜天王統と為朝渡来伝説
  第三節 英祖とその「事績」
第三章 倭寇の時代(一四~一五世紀)
  第一節 倭寇とは何か
  第二節 倭寇の展開過程
  第三節 九州と倭寇
  第四節 琉球と倭寇
第四章 「三山の分立と抗争」(一四世紀)
  第一節 正史による記述
  第二節 伊波普猷の「三山分裂否定・三山形成」論をめぐって
  第三節 「三山分裂・抗争」論への疑問の提起
  第四節 「三山統一」のこと