近代塩業と商品流通

近代塩業と商品流通

内容紹介

近代商品流通を松永塩商社(=産地問屋)の動向を中心に商流と物流の変化から解明する。伝統的取引から、1904年塩専売制後、政府管理下での流通・市場によりどう変ったか。

目次

序   研究史と研究動向
 第1部 塩専売制前
第1章 幕末期松永塩田産地問屋「月代り所」の設置
第2章 1900年前後の松永塩流通の展開と尾道市場
第3章 1900年前後の尾道市場の動向と食塩商会
第4章 山陽鉄道の開通と松永塩の販路拡大
 第2部 塩専売制後
第5章 1910年前後の塩市場
第6章 塩専売制前後の松永塩商社
第7章 戦前期、塩専売制下の流通組織の展開
第8章 芸予島嶼部の地方名望家の経済活動
第9章 首都圏形成期の流通機構の整備と塩流通
第10章 戦後、塩販売機構の整備と展開
終 章 近代の塩流通