都市に村をつくる

都市に村をつくる

「協同組合コミュニティ」に根ざした国づくりのために

内容紹介

人間らしく働き、人とつながって暮らす――それは「夢物語」ではない。人間中心の社会に変える「武器」としての思想と実践例をとおし、国のかたちを変える道しるべを示す。

目次

はじめに

序 章 レイドローと協同組合コミュニティ論

 第Ⅰ部 協同組合コミュニティという思想

第1章 レイドローの協同組合コミュニティ論とは何か
 1 グローバリゼーションとコミュニティの再評価
 2 「協同組合セクター」と「協同組合コミュニティ」のあいだ
 3 抑制された政治的メッセージ
 4 「協同組合コミュニティ」の着想の背景
 5 グローバリゼーションと協同組合コミュニティへの期待

第2章 協同組合コミュニティの思想的背景
 1 テンニエスのゲノッセンシャフトとは何か
 2 ギールケの中間団体論の意義
 3 ハーストの現代アソシエーション型国家

第3章 協同組合・コミュニティ・国家――世代論的考察
 1 第一世代――コミュニタリアンによる草創期
 2 第二世代――ロッチデール方式の協同組合
 3 第三世代――「福祉国家」のもとでの協同組合
 4 第四世代――「公共の利益」をはかる外向きの組織へ

 第Ⅱ部 協同組合コミュニティへの胎動

第4章 バスク協同組合法の意義
 1 バスクの自治憲章と社会的インフラとしての協同組合
 2 第四世代型のバスク協同組合法――協同組合コミュニティづくりへの布石
 3 バスクの協同組合の種類
 4 協同組合にたいする国家の支援と監督
 5 協同組合の連合組織
 6 多国籍企業化したモンドラゴン協同組合の提起する問題

第5章 イタリアの社会的協同組合の挑戦
 1 社会的協同組合とは何か
 2 CGMとそのネットワーク
 3 アンドロポリス社会的協同組合

第6章 廃棄物処理・コミュニティ農業・田園都市
 1 協同組合が国家の機能を代替する動き
 2 廃棄物から考える――下からのグローバリゼーション
 3 コミュニティ農業とは
 4 田園都市と協同社会の実現

第7章 協同組合コミュニティ論から見た日本の生協と農協
 1 生協が「広域流通組織」を脱するには
 2 農協は農業経営を代行すべき
 3 外資に買われる日本の山林

 第Ⅲ部 ワーカーズ・コープ発展のために

第8章 日本の社会運動としてのワーカーズ・コープ
 1 社会運動としての初期生活クラブの運動
 2 「新自由主義」対「新社会運動派」
 3 企業社会におけるインフォーマル労働とフォーマル労働
 4 協同組合にとっての「新社会運動」の可能性

第9章 ワーカーズ・コープにおける人的資本の意義と会計システム
 1 人的資本の価値とワーカーズ・コープ
 2 一般企業会計の限界
 3 人的資本の定義
 4 ワーカーズ・コープにおける人的資産の算定
 5 人的資本の会計
 6 人的資本の減価償却
 7 人的資本会計の効用

結 び

付 録 一九九三年六月二四日バスク協同組合法(抄)

あとがき

参考文献