高島嘉右衛門 横浜政商の実業史

高島嘉右衛門 横浜政商の実業史

内容紹介

獄中生活から異人館建築、鉄道敷設、ガス灯事業に洋学教育……
《易聖》の名に封印された波乱の生涯を、伊藤博文、大隈重信、
渋沢栄一らとのつながりを軸に生きいきと描き出す。 

目次

序 章 奇妙なり嘉右衛門
第1章 材木普請御用遠州屋の悲哀
第2章 陶器輸出商肥前屋の失態
第3章 高島嘉右衛門の誕生
第4章 政商嘉右衛門の野望と挑戦
第5章 開化仕掛け人と実業の夜明け
終 章 虚業と実業のはざまを生きて