善光寺大地震を生き抜く

善光寺大地震を生き抜く

現代語訳『弘化四年・善光寺地震大変録』

  • 著者:中条唯七郎著・青木美智男校註・中村芙美子現代語訳
  • 定価:本体4800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2198-9
  • 判型:A5判
  • 頁:384頁
  • 刊行:2011年12月
  • ジャンル:歴史人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

信州森村の村役人中条唯七郎が遭遇した、弘化四年の善光寺大地震。その夜からたえまなく続いた余震の記録。

目次

はじめに

解説 絶え間ない余震を生き抜く民の記録
―弘化四年「徒然日記 附 地震大変録」を読む前に― 青木美智男

地震大変録 (現代文)                     中村芙美子訳
大地震の発生・前代未聞の大災害
 絶え間なく続く大地震
 犀川堰止め湖の決壊
 余震を耐え抜く毎日
 豊作が唯一の救い
 余震が水脈を変化させた
 余震は漸減
 地震を生き抜いたこの一年 
徒然日記 附 地震大変録 (原文)              中条唯七郎
おわりに