総理の妻

総理の妻

三木武夫と歩いた生涯

  • 著者:三木睦子述/明治大学史資料センター監修/明治大学三木武夫研究会編
  • 定価:本体2000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2183-5
  • 判型:四六判
  • 頁:280頁
  • 刊行:2011年10月
  • ジャンル:社会・政治人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

徳島に生まれ、明治大学に学んだ第66代総理大臣・三木武夫。激動の50年間を議員として生きた「議会の子」の妻が語る、戦前戦後の政界秘話と人間・三木。

目次

一 三木武夫との出会いと初期政治活動
二 日米開戦・戦時期の三木
三 敗戦と戦後第一回総選挙
四 戦後二回目の総選挙と連立協議
五 サンフランシスコ講和会議から「五五年体制」まで
六 五五年体制から池田政権まで
七 池田内閣時代
八 佐藤内閣から田中内閣成立まで
九 インフレ・石油ショック・田中金脈問題への対応
一〇 椎名裁定と三木内閣の誕生
一一 三木内閣の政権課題への対処
一二 ロッキード事件と三木の対応
一三 内閣退陣とその後の政治活動