布施辰治研究

布施辰治研究

  • 著者:明治大学史資料センター監修、山泉進・村上一博編
  • 定価:本体4000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2144-6
  • 判型:A5判
  • 頁:328頁
  • 刊行:2010年12月
  • ジャンル:歴史人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

日本統治下の朝鮮で独立運動家の弁護活動を引き受けるなど、「日本人シンドラー」とも呼ばれる「人権派弁護士」布施の多面的な活動を史料とともに検証する。著作目録・年譜も掲載。

目次


第1部 廃娼運動と死刑廃止論

第1章 芸娼妓契約無効論と公娼自廃の戦術【村上一博】
第2章 布施辰治の思想原則と絶対的死刑廃止論【山泉進】

第2部 小作権論と裁判闘争

第3章 小作権の本質をめぐる法廷弁論と「本人主義」
                       【村上一博・阿部裕樹】

第3部 明治法律学校と郷里

第4章 人権派弁護士たち在学当時の明治法律学校【長沼秀明】
第5章 『辰治在京控帳』からみた明治法律学校時代の布施辰治
                                 【中村正也】
第6章 布施辰治と郷里・蛇田村【阿部裕樹】

補 論 布施辰治と植民地
 1 布施辰治と朝鮮
   関係資料 「朝鮮共産党事件の公判を裁く」
       「無産階級と植民地」 256
   解  題  布施辰治と朝鮮共産党事件【山泉進】 
 2 布施辰治と台湾
   関係資料 「台湾二林事件と蔗糖問題」
        「台湾に直面して」
   解  題  布施辰治と台湾【村上一博】

著書・個人雑誌一覧
年 譜
人名索引