欧州の協同組合銀行

欧州の協同組合銀行

  • 著者:斉藤由理子・重頭ユカリ
  • 定価:本体3600円+税
  • ISBN:978-4-8188-2142-2
  • 判型:A5判
  • 頁:256頁
  • 刊行:2010年12月
  • ジャンル:金融経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

制度や運営、ガバナンス、倫理性、CSR、EU統合に伴う事業戦略など、欧州各国の多様な取り組みを紹介、分析。グローバル化のなかで協同組織金融機関の果たすべき役割は何か。

目次

はじめに
 第1部 欧州の協同組合銀行の概要
第1章 欧州の協同組合銀行グループの概要
第2章 金融危機と協同組合銀行に関する文献レビュー
第3章 各国の協同組合銀行の概要
 第2部 組合員制度
第4章 イタリアの信用協同組合銀行における組合員制度
第5章 独仏協同組合の組合員制度
第6章 多様な組合員の意思決定への参加
 第3部 グループ運営
第7章 協同組合銀行グループの相互援助制度と一体性
第8章 ドイツの協同組合銀行のグループ格付取得
第9章 独仏の協同組合銀行のコーポレートガバナンス
 第4部 グループ事業戦略
第10章 DZ BANKとCASAの株式会社化
第11章 欧州の協同組合銀行グループの事業戦略
 第5部 CSRへの取り組み
第12章 協同組合銀行におけるCSRへの取り組み
第13章 フランスの協同組合銀行のCSR
 第6部 協同組合銀行間の協力・連携
第14章 欧州協同組合銀行協会とユニコバンキング
 終章 日本の協同組織金融機関への示唆