金融ビジネスモデルの変遷

金融ビジネスモデルの変遷

明治から高度成長期まで

  • 著者:粕谷誠・伊藤正直・齋藤憲編
  • 定価:本体8000円+税
  • ISBN:978-4-8188-2106-4
  • 判型:A5判
  • 頁:364頁
  • 刊行:2010年08月
  • ジャンル:金融経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

戦前の地方所在の銀行は、戦後の規制体系に束縛された地方銀行とは異なり多様性があったことを都市銀行や不動産銀行、あるいはアメリカの事例と対比して明らかにする。

目次

はしがき
第1章 日本における金融ビジネスモデルの変遷……粕谷 誠
第2章 明治期における安田銀行のビジネスモデル……迎 由理男
第3章 金融危機と銀行経営
    -1910年代前半の広島県・山口県の事例を中心に-……高嶋雅明
第4章 三十四銀行の経営者と経営実態……齊藤壽彦
第5章 「ハイリスク選好型」銀行ビジネスモデルの掉尾……小川 功
第6章 両替商系銀行における破綻モデル……石井寛治
第7章 第八十五銀行の金融ビジネスモデル
    -1900~1935年-……邉 英治
第8章 名古屋有力3行のビジネスモデル
    -1920~1932年の有価証券所有を中心として-……西村はつ
第9章 不動産銀行「不動産金融ビジネス」の特質と意義
    -東京府農工銀行を素材にして-……植田欣次
第10章 戦後改革期の地方銀行
    -「考課状分析」を素材として……伊藤正直
第11章 地域開発と金融ビジネスモデル……池上和夫
第12章 インサイダー・レンディング再考
    -産業革命期米国ニュー・イングランド地方の銀行と産業金融-……黒羽雅子