歴史学の醍醐味

歴史学の醍醐味

  • 著者:西川正雄著/伊集院立・小沢弘明・日暮美奈子編
  • 定価:本体2800円+税
  • ISBN:978-4-8188-2088-3
  • 判型:四六判
  • 頁:358頁
  • 刊行:2010年01月
  • ジャンル:歴史人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

自前の歴史学を合言葉に、フランス革命、帝国主義の時代、現代史の読み方、教科書問題など様々なテーマをめぐり歴史学の醍醐味を語る。

目次

はしがき I
第1部 歴史学の醍醐味 
歴史学の醍醐味(最終講義) 
馬齢を重ねて 
現代史の読みかた 
御託宣と歴史学 
第2部 ヨーロッパ近代をどうとらえるか 
2-1 フランス革命と国民国家 
フランス革命と「国民国家」 
「国民国家」──ドイツと日本── 
2-2 帝国主義の時代 
二〇世紀とは何であったか 
「帝国主義の時代」をいかにとらえるか──批判的一考察── 
歴史学と「近代」 
2-3 「過去の克服」をめぐって 
「過去の克服」──日本とドイツ── 
普通の人びとの戦争責任──「ゴールドハーゲン論争」に寄せて──
ローザ・ルクセンブルク記念碑論争 
第3部 世界史教育と教科書問題 
世界史という妖怪は未だに徘徊している 
いま日本で「教科書問題」を考える──自国史を越えた歴史教育をめざして── 
ファシズムと全体主義論 
グッバイ・大日本帝国──「教科書問題」に関する基本的な考え方── 
回想 西川正雄のことども 下村 由一 
あとがき