ヨーロッパ社会史 

ヨーロッパ社会史 

1945年から現在まで

  • 著者:ハルトムート・ケルブレ著/永岑三千輝監訳/金子公彦・瀧川貴利・赤松廉史訳
  • 定価:本体5500円+税
  • ISBN:978-4-8188-2080-7
  • 判型:A5判
  • 頁:411頁
  • 刊行:2010年03月
  • ジャンル:社会・政治人文・社会
  • アマゾンで購入

内容紹介

「多様性の統一」の歴史と現状。 家族・労働・消費と生活水準から教育まで12の基本的側面の膨大な研究史を概観し、 戦後社会の変化と発展を総合的・立体的に俯瞰。

目次

 はじめに
 日本語版まえがき

 第1章 序論
 
第1部 社会の基本構造
 第2章 家族
 第3章 労働
 第4章 消費と生活水準
 第5章 価値変化と世俗化

第2部 社会の階層秩序と不平等
 第6章 エリート、知識人、社会環境
 第7章 生活状態の社会的不平等と移動機会
 第8章 移民

第3部 社会と国家
 第9章 メディアとヨーロッパ世論
 第10章 社会運動、社会紛争、市民社会
 第11章 福祉国家
 第12章 都市成長、都市生活、都市計画
 第13章 教育

 第14章 まとめ 

 監訳者あとがき