• TOP
  • 書籍一覧
  • 書籍:戦間期日本石炭鉱業の再編と産業組織
戦間期日本石炭鉱業の再編と産業組織

戦間期日本石炭鉱業の再編と産業組織

カルテルの歴史分析

  • 著者:長廣利崇著
  • 定価:本体6200円+税
  • ISBN:978-4-8188-2062-3
  • 判型:
  • 頁:424頁
  • 刊行:2009年06月
  • ジャンル:経済史・経営史経済

内容紹介

第1次大戦ブーム期の好景気から一転して不況期となった1920年代の日本経済。この時期の石炭鉱業再編過程において、カルテルがいかなる役割を果たしたのかを多面的に考察。

目次

序 章 課題と方法

第1部 一九二〇年代のカルテル活動
第1章 炭価の安定性
第2章 筑豊大炭鉱企業のカルテル活動
第3章 戦間期沖ノ山炭鉱の発展
第4章 常磐炭鉱企業の停滞
補論A 大炭鉱企業間の技術情報の交換

第2部 大炭鉱の経営動向
第5章 鉱夫の定着化
第6章 職員の昇進構造

第3部 中小炭鉱の動向
第7章 一九二〇年代・昭和恐慌期の筑豊中小炭鉱
第8章 一九三〇年代前半の筑豊中小炭鉱
第9章 中小炭鉱と三井物産
補論B 中小炭鉱労働の実態

終 章 総括と展望