歴史の交差点に立って

歴史の交差点に立って

内容紹介

私たちは今、歴史の交差点に立っている。そこでは竹内好など過去のテクストと向き合うことによって、ある特定のイメージを作り出している政治的な視座を見つけ出すことができる。現実世界を切り拓くために、新たな視座を描き出す可能性を模索する。

目次

はじめに

1 歴史の交差点に立って
    歴史の交差点に立って
    思想史事件としてのSARS
    那覇から上海へ
    沖縄がわれわれの眼に映るとき
    思考の習慣-東京裁判と戦後東アジア

2 媒介としての東アジア
    記憶におけるアジア
    東アジアにおける相互認識の意味―韓国の読者へ、そして日本の友へ
    多文化共生における「文化政治」―「南京」「ヒロシマ」「9.11」をめぐって
    「一木一草」への視線―中国から見た天皇制論議

3 歴史を読むこと、歴史を書くこと
    竹内好を読むこと、歴史を読むこと
    今、なぜ竹内好なのか
    昭和史論争における一つの側面
    「相互認識」の立て方、語り方について
    日本漢学の臨界点

おわりに
初出一覧/解題