拓銀破綻後の北海道経済

拓銀破綻後の北海道経済

地域再生と金融の役割

  • 著者:平澤亨輔・播磨谷浩三・佐藤郁夫編著
  • 定価:本体2800円+税
  • ISBN:978-4-8188-1989-4
  • 判型:A5判
  • 頁:227頁
  • 刊行:2008年04月
  • ジャンル:経済学経済
  • アマゾンで購入

内容紹介

拓銀破綻、金融システム危機から10年。北海道経済はどうなったか。企業、行政、金融機関の役割や機能を検証し、地域経済の再生策と金融の関係について考察する。

目次

第1章 北海道の金融構造の変遷と産業(鈴木栄基)
第2章 90年代以降の地域経済の変化と地域金融(平澤亨輔)
第3章 拓銀の破綻と中堅・中小企業(平澤亨輔)
第4章 地域活性化のための資金調達システム(佐藤郁夫)
第5章 リレーションシップバンキングと北海道金融(播磨谷浩三)
第6章 自立する地域経済と金融の将来(吉田博・沢永宣之)
第7章 地域金融の課題と方向性(鈴木栄基・沢永宣之)
付 表 バブル期の金融と拓銀関連年表