戦間期の日本農村社会

戦間期の日本農村社会

農民運動と産業組合

  • 著者:森武麿著
  • 定価:本体6200円+税
  • ISBN:978-4-8188-1750-0
  • 判型:A5判
  • 頁:344頁
  • 刊行:2005年03月
  • ジャンル:経済史・経営史経済

内容紹介

下からの農民運動と上からの産業組合の対抗を焦点として農民の主体形成と農村の支配統合を描き、両大戦間期における日本の社会の実態を実証的に明らかにする。