横浜開港と交通の近代化

近代日本の社会と交通 1

横浜開港と交通の近代化

  • 著者:西川武臣著
  • 定価:本体2500円+税
  • ISBN:978-4-8188-1712-8
  • 判型:A5判
  • 頁:195頁
  • 刊行:2004年12月
  • ジャンル:鉄道人文・社会

内容紹介

横浜は幕末の海港によって日本最大の貿易都市となった。その横浜の近代的な交通手段と通信手段の登場を紹介し、インフラストラクチャーの整備過程を描く。

目次

第1章 江戸時代の神奈川と横浜
第2章 幕末・明治の動乱の中で
第3章 変わる交通手段
第4章 ものを運んで
第5章 貿易品が運ばれた道
第6章 情報を運んで
第7章 資料が語る交通史
第8章 古文書・古記録を読む