近代日本の鉄道政策

近代日本の鉄道政策

1890~1922

  • 著者:松下孝昭著
  • 定価:本体6000円+税
  • ISBN:978-4-8188-1583-4
  • 判型:A5判
  • 頁:408頁
  • 刊行:2004年05月
  • ジャンル:経済史・経営史経済

内容紹介

1890年の帝国議会開設以降、92年の鉄道敷設法の制定、1922年の全面改正に至るまでの鉄道建設事業を中心とした鉄道政策の形成と展開について通説を批判しつつ実証的に分析。