小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
739
件中
1
-
10
件目
近代日本の戦傷病者と戦争体験
  • 著者:松田英里
  • 定価:本体3600円+税
  • 刊行:2019年11月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:「戦争の惨禍」や国家・社会の矛盾の象徴とされる一方、待遇改善の声をあげ、戦時は総力戦体制に組込まれた「癈兵」。日露戦争から日中戦争までの軌跡と戦場・戦争体験の固有性を明らかにする。
昭和戦前期の選挙システム
千葉県第一区と川島正次郎
  • 著者:車田忠継
  • 定価:本体6400円+税
  • 刊行:2019年09月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:大正末の男子普通選挙法で激変した日本の選挙。普選直前から翼賛選挙まで、戦前7回にわたる一人の候補者と支持基盤を分析。戦後との架橋も見据え、これまでの選挙研究に新たな視座を与える。
韓国ジャーナリズムと言論民主化運動
『ハンギョレ新聞』をめぐる歴史社会学
  • 著者:森類臣
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:韓国の言論民主化運動から形成された同紙は、なぜ権力を監視する報道を持続できたのか。創刊過程と理念、報道・論評活動を分析し、韓国のジャーナリズムと社会変化のプロセスを解明する。
カウンセラーになる
大妻ブックレット 3
心理専門職の世界
  • 著者:尾久裕紀・福島哲夫編著
  • 定価:本体1400円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:社会一般 (人文・社会)
内容:大学でどのように学び、どのような資格が必要か。その仕事は何か。カウンセラーについて具体的に説明。公認心理師、臨床心理士の養成についてわかりやすく、最新の情報を紹介。
英国ファンタジーの風景
大妻ブックレット 2
  • 著者:安藤聡
  • 定価:本体1300円+税
  • 刊行:2019年08月
  • ジャンル:現代思想 (人文・社会)
内容:『不思議の国のアリス』や『ホビット』、『ハリー・ポッター』など、なぜ英国では優れたファンタジーが生まれるのか。作者にゆかりの土地と、作品の舞台・背景を紹介し、その魅力に迫る。
戦後日本の地域形成と社会運動
生活・医療・政治
  • 著者:鬼嶋淳
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2019年07月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:戦後社会の形成期、人びとは地域のあり方や民主主義をめぐって、どのように議論し行動したのか。運動主体の動機や意識、運動と社会との関係に注目し歴史的に検証する。
我が国の経済外交2019
  • 著者:外務省経済局
  • 定価:本体2700円+税
  • 刊行:2019年03月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:TPP11及び日EU・EPAが発効し、対米経済外交等を通じ、我が国が自由貿易、国際的なルール作りを推進する取組を紹介。資源外交、日本企業支援等の、最新の経済外交の動きをキャッチ。
ブリティッシュ・ワールド
明治大学国際武器移転史研究所研究叢書 3
帝国紐帯の諸相
  • 著者:竹内真人編著
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2019年02月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:ポスト・ブレクジット時代の新たなイギリス帝国史研究の嚆矢。感情的・経済的・軍事的紐帯の関係に注目しながら、イギリス帝国からコモンウェルスへの歴史的変化を考察する。
近代朝鮮の境界を越えた人びと
  • 著者:李盛煥・木村健二・宮本正明編著
  • 定価:本体4200円+税
  • 刊行:2019年02月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:戦争・植民地支配が引き起こした朝鮮人・日本人の越境の経験。人びとはどのように移動、定着、帰還、残留したのか。歴史的意義とその後を、ライフヒストリーや集団の動向に即し検討。
増補改訂版 中江兆民と財政民主主義
  • 著者:渡瀬義男
  • 定価:本体2100円+税
  • 刊行:2019年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:自由民権運動の理論家・中江兆民は、財政民主主義の先駆者でもあった。初版で新たに刻んだ兆民像に、天皇・皇室論を含むその後の研究成果を付す。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9