• TOP
  • 書籍一覧 - ジャンル - 人文・社会

書籍一覧 - ジャンル - 人文・社会

小社、単行本です。

 
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>
726
件中
1
-
10
件目
中江兆民と財政民主主義
  • 著者:渡瀬義男
  • 定価:本体2100円+税
  • 刊行:2017年04月
  • ジャンル:哲学・思想 (人文・社会)
内容:自由民権運動の理論家・中江兆民は、財政民主主義の先駆者でもあった。生誕170年の節目に当たり、危殆に瀕する財政民主主義の視点から新たな兆民像を提示する。
非日常の観光社会学
森林鉄道・旅の虚構性
  • 著者:小川 功
  • 定価:本体9600円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:夢の王国へのお百度通いのように人はなぜ龍宮城の如きニセモノに嵌るのか。山奥に潜む謎の森林鉄道の旅という著者流毛細管観光を素材に、観光社会学から旅の虚構性・非日常性に迫る。
母子世帯の居住貧困
  • 著者:葛西リサ
  • 定価:本体2900円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:女性の多くが不安定な非正規労働に就く現在、なかでも母子世帯の年収は一般世帯の3分の1程度である。住生活を軸に生活実態に即した母子施策の再構築の可能性を提示する。
「満洲国」における抵抗と弾圧
関東憲兵隊と「合作社事件」
  • 著者:荻野富士夫・兒嶋俊郎・江田憲治・松村高夫
  • 定価:本体6000円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:「満洲国」の成立と統治のため猛威をふるった関東憲兵隊。それが弾圧した反満抗日運動・在満日系共産主義運動、特に「合作社」事件の実態を新史料で解明。研究史の更新を迫る一冊。
反トラスト法と協同組合
日米の適用除外立法の根拠と範囲
  • 著者:高瀬雅男
  • 定価:本体3100円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:協同思想 (人文・社会)
内容:独禁法適用除外の見直しの動きに対し、日米の協同組合のための反トラスト法・独禁法適用除外立法の根拠(必要性)と範囲を、アメリカ法の研究を通じて論じる。
地方分権と政策評価
  • 著者:西垣泰幸編著
  • 定価:本体4200円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:財政赤字が深刻さを増すなか、公共サービスの持続可能性をいかに考えるべきか。行政の効率化と地域間競争、住民本位の政策評価の必要性を、新しい地方公共経済学の視点から提示。
経済制裁と戦争決断
  • 著者:佐藤元英
  • 定価:本体5500円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:太平洋戦争開戦の決断はいかになされたか。前史としての経済戦争の視点から、外務官僚の果たした役割を明らかにする。
東北の近代と自由民権
「白河以北」を越えて
  • 著者:友田昌宏編著
  • 定価:本体5800円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:「白河以北一山百文」と蔑まれた東北に広がった自由民権の炎。その意義を地域との関わりから多面的に考察し、東北近代史研究に一石を投じる必読の書。
我が国の経済外交2017
  • 著者:外務省経済局
  • 定価:本体2700円+税
  • 刊行:2017年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:日本企業の海外展開や資源エネルギー等の安定供給、投資や外国人観光客の誘致、これらを支える土台ともなる国際的なルール作りへの参画など、経済外交の最新の動きをキャッチ。
再開発は誰のためか
住民不在の都市再生
  • 著者:岩見良太郎
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2016年10月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:オリンピック、国際競争力の強化、防災、コンパクトシティ――さまざまな美名に隠された都市開発は、いったい誰のためなのか。アベノミクス都市再生で、地域住民のくらしと権利が壊されてゆく。
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>