小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
731
件中
1
-
10
件目
中江兆民と財政民主主義/増補改訂版
  • 著者:渡瀬義男
  • 定価:本体2100円+税
  • 刊行:2019年01月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:自由民権運動の理論家・中江兆民は、財政民主主義の先駆者でもあった。初版で新たに刻んだ兆民像に、天皇・皇室論を含むその後の研究成果を付す。
子どもと教育
家族研究の最前線 3
近代家族というアリーナ
  • 著者:比較家族史学会監修/小山静子・小玉亮子編著
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2018年12月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:近代家族はいかにして生まれ、どのような子ども観や教育観が生み出されて社会に波及していったのか。そこに潜む困難や課題とは何なのか。国や地域、時代を超えて、考える。
中村政則の歴史学
  • 著者:浅井良夫、大門正克、吉川容、永江雅和、森武麿編著
  • 定価:本体3700円+税
  • 刊行:2018年11月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:近現代史研究の中心的存在だった中村政則。日本資本主義史、天皇制論、地主制史、民衆史など、人々を魅了した多岐にわたるその仕事を、さまざまな角度から再評価し、歴史学での位置づけを問う。
希望としてのカント
恒久平和のために
  • 著者:高田明宜
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2018年11月
  • ジャンル:社会・政治 (人文・社会)
内容:人間への深いまなざしを向け、平和をつくる人たちに希望を抱くカント。キリスト教的観念を通してカントの恒久平和論を解き明かす、新たなるアプローチ。
改訂版 大倉喜八郎 かく語りき
進一層、責任と信用の大切さを
  • 著者:東京経済大学史料委員会編/東京経済大学発行
  • 定価:本体1000円+税
  • 刊行:2018年11月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:明治、大正の大実業家、大倉喜八郎が、波乱万丈に富んだ経験を踏まえ、壮年時代から死去の直前までに、学生、青年、国民に語った言葉。現代にも通じる含蓄深い内容。
多元的都市化と中国の発展
  • 著者:李強編著/蒋芳婧訳、橋谷弘解説
  • 定価:本体6000円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:改革開放から40年、習近平政権が急速に推し進める都市化モデルの7類型を詳細に分析する。「人の都市化」にも目を向け、農村出身者の社会統合問題の解決策も提起。
地方版エリアマネジメント
  • 著者:上野美咲
  • 定価:本体2500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:都市・環境 (人文・社会)
内容:地方における人口減少、高齢化の現実に地域が生き生きする新しいシステム、方向性をデータとともに提示する。
協同組合のコモン・センス
  • 著者:中川雄一郎
  • 定価:本体2800円+税
  • 刊行:2018年05月
  • ジャンル:協同思想 (人文・社会)
内容:知っているつもりで実は分かっていない協同組合。その良識の何たるかを開陳。格差社会がますます広がりを見せるなかで、協同組合に何ができるのか。
留学生は近代日本で何を学んだのか
医薬・園芸・デザイン・師範
  • 著者:見城悌治
  • 定価:本体3700円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:近代日本への留学生たちは、何をどう学び・考え、その成果を未来に活かしたのか。人びとの交流と思想的連携や葛藤を、長いスパンでとらえ今日の「国際化」に資す。                                                                                                              
日本憲兵史
小樽商科大学叢書 5
思想憲兵と野戦憲兵
  • 著者:荻野富士夫
  • 定価:本体6500円+税
  • 刊行:2018年03月
  • ジャンル:歴史 (人文・社会)
内容:国内、そしてアジア各地で恐れられた憲兵は、いかなる組織と意図のもとで暴威をふるったのか。その実態を史料から読み解き、憲兵の誕生から終焉、そして現代への連続性を明らかにする通史。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9