• TOP
  • 書籍一覧 - ジャンル - 農業

書籍一覧 - ジャンル - 農業

小社、単行本です。

 
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>
103
件中
1
-
10
件目
農業構造の現状と展望
―持続型農業・社会をめざして
  • 著者:後藤光藏
  • 定価:本体6000円+税
  • 刊行:2016年10月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:資本の支配と農業の工業化、日本農業の危機は資本主義の危機とも結びつき深化している。農業危機の現状を整理し、克服の展望を地道な調査を基礎に考える。
フードシステム革新のニューウェーブ
  • 著者:斎藤修監修,佐藤和憲編集
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2016年03月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:食料問題を生産者から消費者までの全体の相互関係で捉えるフードシステムの最新の研究成果。理論・流通システム・地域再生の3部により、近年の新しい動きを紹介、分析する。
日本農地改革と農地委員会
「農民参加型」土地改革の構造と展開
  • 著者:福田勇助
  • 定価:本体12000円+税
  • 刊行:2016年02月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:農地改革を農民参加の「村の事業」として実行することで国家と農村を連結し改革を成功に導いた農地委員会の諸側面を政策史、全国動向、事例分析を通して解明。
農業経営学の現代的眺望
  • 著者:李哉泫、内山智裕、鈴村源太郎、八木洋憲 編著
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2014年06月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:従来の理論的枠組みや対象、アプローチ等に対し、現代の実証研究やこれまでとは異なった実態への考察によって、どのような視座を投げかけ、現実的課題を解決できるのか。
韓国水田農業の競争・協調戦略
  • 著者:李 裕敬
  • 定価:本体5600円+税
  • 刊行:2014年02月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:国際化の進展の中で、韓国の水田農業も、構造再編を迫られている。地縁社会のない韓国では、大規模水田経営の成長のためには、地域共存の協調戦略が欠かせない。
放牧酪農の展開を求めて
乳文化なき日本の酪農論批判
  • 著者:柏久
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2012年08月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:酪農の世界が揺れている。TPP交渉が議論される中、もっとも大きな影響をうける酪農界。「乳」に関する根源的問いから問題を提起する。
食料環境政策学を学ぶ
  • 著者:明治大学農学部食料環境政策学科編
  • 定価:本体2600円+税
  • 刊行:2011年07月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:農業経済学から食料環境政策学へ。食や農のあり方、環境・資源の展望問題など持続可能な社会の基礎となる「食料と環境」を問題解決視点で論じた新しいテキスト。
樋田魯一と耕地整理 〔オンデマンド版〕
付 耕地整理大成同盟会々報(全)
  • 著者:須々田黎吉編著
  • 定価:本体8500円+税
  • 刊行:2010年10月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:近代日本における農業改革の最大の事業は明治20年代から始まる耕地整理事業である。この事業の実質的指導者樋田魯一の事蹟解説と指導書の完全復刻。
イギリスの地域農業マネジメント
  • 著者:八木洋憲著
  • 定価:本体3000円+税
  • 刊行:2009年10月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:農村環境保全政策のもとで、条件不利地域の農業を担う主体がどう活動し、どのような結果がもたらされるのかを示し、農業・農村の展望と日本の地域農業がとりうる戦略を考える。
家族酪農の経営改善
根室酪農専業地帯における実践から
  • 著者:吉野宣彦著
  • 定価:本体4200円+税
  • 刊行:2008年08月
  • ジャンル:農業 (農業)
内容:急速な近代化、ゴールなき拡大、生産過剰、負債問題、離農……。激動を生き抜いた酪農専業地帯での実践は、家族農業こそ可能な経営改善への協力のあり方を指し示す。
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>