• TOP
  • 書籍一覧 - ジャンル - 経済

書籍一覧 - ジャンル - 経済

小社、単行本です。

 
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>
843
件中
1
-
10
件目
アメリカIT産業のサービス化
ウィンテル支配とIBMの事業変革
  • 著者:森原康仁
  • 定価:本体4500円+税
  • 刊行:2017年06月
  • ジャンル:産業 (経済)
内容:巨象IBM はなぜ復活したのか。ウィンテル支配に抗し、自社の規模と範囲を活かす「統合化」を追求してサービス化を成し遂げた独自の戦略を析出する。研究史を埋める労作。
「アベノミクス」の正体
政治の手段に貶められた日本経済
  • 著者:相沢幸悦
  • 定価:本体2000円+税
  • 刊行:2017年05月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:「改憲」という野望実現のため、経済政策で支持率上昇を図り、日銀にマーケットの「国家統制」を強いる安倍政権。単なる円安誘導「アベノミクス」が五輪後にもたらすのは?
地方製造業の展開
高崎ものづくり再発見
  • 著者:高崎経済大学地域科学研究所編
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:産業 (経済)
内容:「高崎発のものづくり」に挑む産学官連携の取り組みをふまえ、市内中小メーカーの創造性や地域貢献を紹介し、近年の群馬県内における地場産業の動向をさぐる。
国際政治史における軍縮と軍備管理
19世紀から現代まで
  • 著者:榎本珠良編著
  • 定価:本体4200円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:19世紀から現在までの武器移転規制と軍備の削減・制限について、従来の経済史・経営史研究から帝国史、外交史、国際関係史までに枠を拡げ新たな段階を展望する。
イギリスの都市再生とサイエンスパーク
  • 著者:鈴木茂
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:地域社会 (経済)
内容:1970年代のオイルショックを契機に顕在化したイギリス産業の国際競争力と都市の衰退に対応した都市再生政策と知識経済化を担う知的クラスターであるサイエンスパーク整備の意義を明らかにする。
時代を超えた経営者たち
  • 著者:井奥成彦編著
  • 定価:本体2800円+税
  • 刊行:2017年03月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:進取に富み革新的な経営を行った人物や、これまであまり紹介されることがなかった古くからの家業を継承、発展させていった経営者を取り上げ、それぞれの特徴を容易に描く。
満洲における政府系企業集団
  • 著者:柴田善雅
  • 定価:本体8800円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:満鉄設立から日本敗戦までの持株会社企業集団の分析を行う。満洲で活躍した満鉄系、東拓系、満洲国政府系、満業の企業集団はいかなる投資を模索したかを実証的に検証。
信用機構の政治経済学
商人的機構の歴史と論理
  • 著者:田中英明著
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:中世ヨーロッパの取引に端を発する決済・信用機構の歴史的展開を概観し、その基盤をなす商人的機構を明らかにした上で、システムとしての信用機構の理論的な解明を試みる。
グローカル時代の地域研究
伊東維年教授退職記念論集
  • 著者:伊東維年編著
  • 定価:本体5600円+税
  • 刊行:2017年02月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:日本の地域経済を停滞・衰退から活性化に転じるにはどうしたらいいのか? グローバルな観点とローカルな視点からさまざまな具体的事例を検討し、問題解決の糸口を探る。
欧州統合と社会経済イノベーション
地域を基礎にした政策の進化
  • 著者:八木紀一郎・清水耕一・徳丸宜穂編著
  • 定価:本体5600円+税
  • 刊行:2017年01月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:欧州統合の実態は、地域レベルでの具体例に表れる。本書は、地域を基礎にした雇用政策・競争力政策・環境政策などを詳細に検討し、統合の現在の姿を浮き彫りにする。
<< 前へ
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 次へ >>