小社、単行本です。

 
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
864
件中
1
-
10
件目
戦後国際金融の歴史的諸相
  • 著者:入江恭平
  • 定価:本体4000円+税
  • 刊行:2019年03月
  • ジャンル:金融 (経済)
内容:グローバルな金融危機(アジア危機、世界金融危機、ユーロ危機)の連鎖を、戦後金融システム=ニューディール期金融規制体系の解体、規制緩和、新自由主義の帰結として把握する。
災害時の情報伝達と地方自治体
  • 著者:西本秀樹編著
  • 定価:本体3500円+税
  • 刊行:2019年03月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:災害時の情報伝達は、いかにあるべきか。SNSでの情報発信・取得が当然の今日における日本と世界の最新事例をもとに、政府や地方自治体の災害時マネジメントを経済モデルで分析。
生活を支える社会のしくみを考える
現代日本のナショナル・ミニマム保障
  • 著者:門野圭司編著
  • 定価:本体3800円+税
  • 刊行:2019年02月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:憲法にいう健康で文化的な生活が、どのような理念やしくみに基づいて保障されているのかを多角的に解明する作業を通じて「日本型ナショナル・ミニマム」の全体像に迫る。
近代日本の地域発展と鉄道
秩父鉄道の経営史的研究
  • 著者:恩田睦
  • 定価:本体5000円+税
  • 刊行:2018年11月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:秩父鉄道の設立から昭和戦前期まで、経営者・株主などの人的要素に着目しながら企業統治や資金調達を検討。鉄道が地域の産業発展や観光振興にもたらした影響を考察する。
個人所得課税の公平性と効率性
マイクロシミュレーションによる実証分析
  • 著者:金田陸幸
  • 定価:本体5500円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:家計に広く影響を及ぼす個人所得課税制はいかに公平性と効率性を担保すべきか。世帯属性を考慮に入れたマイクロシミュレーション分析を用い、過去の税制改革の評価とともに個人所得課税改革の今後を示す。
日本の百貨店史
地方、女子店員、高齢化
  • 著者:谷内正往、加藤諭
  • 定価:本体4600円+税
  • 刊行:2018年10月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:戦前日本で唯一の大型小売店だった百貨店は、社会においてどんな存在であったのか。「地方」「企業破綻」「女子店員」「高齢者」という現代にも通じる視点から、新たな百貨店史を描き出す。
知識労働と余暇活動
  • 著者:山田良治
  • 定価:本体2600円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:知識労働・サービス労働化の光と影、一方で、ボランティア活動や観光に見られる余暇活動の多様化。本書は、現代に生きることの意味を、労働・余暇関係論の視点から描く。
行政記録と統計制度の理論
インド統計改革の最前線から
  • 著者:岡部純一
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年09月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:統計の生産と利用の一般理論がいまパラダイム転換に匹敵する状況変化にある。統計制度における行政記録の役割の本質は何か?インド統計改革の欧米との比較検証により解明。
日本経済の構造と変遷
  • 著者:武田晴人・石井晋・池元有一編著
  • 定価:本体6800円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済史・経営史 (経済)
内容:近現代の世界で、資本主義経済システムは段階的に発展し、日本でも独特で強力に展開した。その歴史の分析方法を再検討し、産業構造や市場との関連、企業や組織の役割に注目し、構造的に分析する。
オルテス国民経済学
  • 著者:ジャンマリア・オルテス著/藤井盛夫訳
  • 定価:本体7500円+税
  • 刊行:2018年07月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:オルテスは『国民経済学』で持続可能なオープンマクロ経済モデルを推計し、人口減少下における経済の持続可能性を論じた。同様の状況下の今こそ注目されるべき古典である。
<< 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9