• TOP
  • 新刊書

新刊書

1~2ヶ月以内に出版されたものです。

前の月  次の月
平田清明著作 解題と目録
  • 著者:平田清明記念出版委員会編
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2019年10月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:記念碑的な『経済科学の創造』にはじまる著書12点の解題は、初出との比較、および反響も記載。著作目録は小文を含めた完全版。
フランス古典経済学研究
  • 著者:平田清明
  • 定価:本体6500円+税
  • 刊行:2019年10月
  • ジャンル:経済学史 (経済)
内容:フィジオクラシーの思想的基礎。小農経営と危機的な再生産=蓄積。英国古典派に拮抗するもう一つの古典経済学。著者初期の苦闘の跡を遺す、未公刊学位論文。
EU青果農協の組織と戦略
  • 著者:李哉泫・森嶋輝也・清野誠喜
  • 定価:本体5800円+税
  • 刊行:2019年10月
  • ジャンル:産業 (経済)
内容:小売市場の集中による大手スーパーチェーンとの取引拡大、EUの大規模青果農協にみる組織構造の変容、マーケティング戦略の選択等を解明。日本の農協がとるべき方向を示唆する。
沖縄の基地移設と地域振興(オンデマンド版)
  • 著者:高橋明善
  • 定価:本体6500円+税
  • 刊行:2019年10月
  • ジャンル:地域社会 (経済)
内容:沖縄の米軍基地移設は何を解決しようとするのか、地域の振興にはどれほどの効果があるのか。 沖縄社会の特色を踏まえ、県民の本音に耳を傾け、住民主体の振興策を日常の中に捉えた、力作。
途上国財政論
グローバリゼーションと財政の国際化
  • 著者:船津潤
  • 定価:本体4800円+税
  • 刊行:2019年10月
  • ジャンル:経済学 (経済)
内容:援助国政府と国際金融機関は途上国の重要なパートナーだが、その姿勢は途上国財政を強く規定する。途上国財政、そして途上国との国際協力・国際協調の全体像と実態に迫る。